オブジェクト型電子帳票だから、
これまでのシステムとはまったく異なる運用が可能です。

電子帳票なのに、早く軽いのはオブジェクト型だから

テキスト・画像データの集合体とは違う

テキスト・画像データの集合体とは違う

Play@がほかの電子帳票開発・運用システムと違う理由、実はそれが「オブジェクト型電子帳票」だからです。電子帳票上のパーツやデータは、すべてオブジェクトとして存在しています。これに独自の圧縮テクノロジーを加えることで、電子帳票でありながら驚くほど軽量なファイルサイズ、高速表示、高速印字を実現しています。

何より印刷時にわかるクオリティの高さ

さらに、「オブジェクト型電子帳票」であるために、画面上の表示でも、印刷出力でも、文字や罫線がズレたりゆがんだりすることがありません。それはデータがオブジェクトとして情報を持っているためで、この帳票上でどう位置すべきかを認識しているので、決して罫線と接したりすることがありません。

何より印刷時にわかるクオリティの高さ

データの鮮度やニーズに合わせて選べる2つのレポート

“今”を知りたいならリアルレポート

データの鮮度やニーズに合わせて選べる2つのレポート

Play@にはデータベースへダイレクトに接続する機能があり、必要なデータの鮮度に合わせて選ぶことができます。直近の状況を把握するのに最適なのがリアルレポートで、オンデマンドのデータベース接続で今現在の必要なデータをリアルタイムに取得、帳票を作成します。

定期報告的に利用するならクイックレポート

定期報告的に利用するならクイックレポート

必ずしもリアルタイムでなくていい、という場合にはクイックレポートをお勧めします。あらかじめ集計した内容を電子帳票化しておく為、迅速な画面表示が可能です。

帳票作成・BI・データ変換ツールPlay@

seminar_banner
資料請求やお問い合わせなど
お気軽にご相談ください