専門知識はいりません、
作りたいオリジナルレポートが短時間でささっと作成できます。

データ準備や帳票設計は、すべてGUI画面で操作可能

テキスト・画像データの集合体とは違う

テキスト・画像データの集合体とは違う

電子帳票を作成するために、データベースやCSV ファイルに接続して必要なデータを選択し、データどうしの関係を定義します。ほとんどの操作は GUI画面上でマウスを使って行えます。

思うまま作り込めるレポートデザイン

思うまま作り込めるレポートデザイン

レポートデザインは、データベースへの直接連携、 非連携、単票の3つのタイプを用意しました。 GUI画面で自由にレイアウトでき、日本の帳票で 重要な罫線も細かく設定することができます。

美しい出力を可能にする印刷設定

美しい出力を可能にする印刷設定

デザイン画面に配置したパーツを、印刷時に どのように出力するかを印刷条件設定画面で簡単に 定義できます。細部まで神経の行き届いた電子帳票 として仕上げることが可能です。

微妙な調整もノンプログラミングで迅速に

プロパティ設定開発で、大幅な工数削減を実現

Play@は、帳票設計における作業効率向上のため、プロパティ設定による開発手法を採用しており、その数はなんと518個にも上っています。たとえば、右図の一番上では、オブジェクト内に表示する文字と文字との間隔を設定しています。初期値は“0.00”で、小数点第2位まで文字と文字の間隔を自在に調整することができます。これにより、実際に数字を動かしながらプロトタイピング的に電子帳票を作成することが可能なため、工数は従来の約半分ですみます。

微妙な調整もノンプログラミングで迅速に

複雑な構造の帳票を作成できるスクリプト機能

高い帳票品質が求められる場合も安心

さらにきめ細かな作りこみが必要な場合には、スクリプト機能をご利用いただけます。豊富なプロパティ設定機能にスクリプト機能を組み合わせれば、たとえば項目が入れ子構造になった複雑な電子帳票も思いのままに作成可能です。電子帳票上のパーツごとに、レポ-トのセクションごとに、スクリプト実行処理評価前、評価後の設定が可能であるため、仕上がりを確認しながら完成へ近づけていくことができます。

高い帳票品質が求められる場合も安心

たった数行のスクリプトで、帳票内のデ-タを動的に変化させる事が可能です。

ss

図やグラフ等のオブジェクト毎にレイヤーの位置、階層の設定、表示・非表示の設定が行えます。

帳票作成・BI・データ変換ツールPlay@

seminar_banner
資料請求やお問い合わせなど
お気軽にご相談ください