機能概略

入退室管理、デジタコといった現場で利用するシステムのログデータを勤怠データに変換し、
打刻情報として勤怠管理システムへに連携する。
場合によってはタイムレコーダーの打刻情報と比較して妥当性のある方を実績として採用するといった対応も可能となる。

特徴

条件に沿ったログデータであれば、打刻情報としてデータ変換が可能。

  • 日時、区分(入室、退室、開始、終了など)が独立した1項目である事。
  • 社員が特定できる情報を持っている事。

活用例

現場で使用している既存システムのデータやEXCELを利用して、勤怠管理システムへ連携する事で現場の運用を変えずに管理強化を図る。

  • 現場向け労務管理強化の手段として利用する
  • 勤怠管理システム導入時の既存運用との連携手段として利用する
  • 勤務情報の重複入力や二重管理廃止の手段として利用する
  • 複数システム間連携による内部統制強化の手段として利用する
  • 働き方改革関連への対策手段として利用する

ダウンロード

導入業種

製造 運輸 IT

帳票作成サービス Play@Lite

seminar_banner
資料請求やお問い合わせなど
お気軽にご相談ください